エクステリアリフォームでドリームGARDENを手に入れちゃおう

工事の理解を深める

防犯で生け垣をつくる

家の周りを囲む木々

エクステリア工事では、庭や車庫、門扉など様々な部分の工事を行ないますが、住宅の形や庭に利用されている土壌、気候や周囲環境によって向き不向きがあります。同じ千葉県内でも、場所によって工事内容の適正が変わってくるので、こうした適正も考慮して工事を選んでくれる業者を選ぶのが良いでしょう。千葉でも庭のある家庭に多くみられるエクステリア工事には、生け垣工事があります。最近ではプライバシーを考慮して生け垣をつくる家庭が増えてきており、生け垣に利用する樹種もかなり幅広くなってきています。防犯を考慮してつくる生け垣には、針葉樹や常緑広葉樹などを利用するケースがほとんどです。針葉樹の場合はイチイやキャラボク、ヒノキなどの樹木を植えるケースが多くあり、常緑広葉樹の場合は、カナメモチやヒイラギ、イヌツゲなどが利用されています。

観賞用に生け垣をつくる

千葉のエクステリア工事で生け垣をつくるときに、観賞用として樹木を植える人も多くいます。観賞用の場合は、花や紅葉を楽しむ為に植える場合が多く、好みの樹木を植えることも可能となるでしょう。ユキヤナギやレンギョウなどの落葉樹を植えて四季による草木の変化を楽しむという人もいます。花が咲く樹木で生け垣をつくるときにはソメイヨシノなどの桜木が人気となっています。日本の場合は特に四季がはっきりしているので、観賞用に樹木を植えて生け垣を造ることによって素敵なガーデンライフを送ることができるでしょう。現在の庭に満足していないという人は、生活をより充実したものにする為に観賞用生け垣をつくってみるのも1つの方法です。